スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シングル】メガネゲッコウガ+ボルトメタモン 【第14回キツネの社mf使用構築】

シソーです。
1月9日に行われたキツネの社mf使用構築に参加してきました。
結果としては予選スイスドロー6勝3敗で予選落ち。

構築に全く自信が無く、負け越しもあると思っていましたが予選突破へ後一歩のところまで行けたので良しと
・・・するわけもなく悔しいです。
次回はもっと頑張りまんむー。



今回はメガネゲッコウガに注目しました。
先発に起用されやすいメガガルーラを始めとした多くのメガ進化ポケモンを「はかいこうせん」等で倒すことができたり、
メガネサザンドラのように一貫しやすい悪、水技を通すといったわかりやすい勝ち筋を生み出すことができたりと魅力的なポケモンだと思ったからです。

しかし問題は「はかいこうせん」を打ってしまった時の隙が大きいところ。
そこを「でんじは」「いばる」で展開阻止ができる化身ボルトロスと、
積み技に対する強力なカウンターを持つメタモンを一緒に入れれば多少使いやすいのではないかと思い組み合わせてみました。

みがわり?なんですかなその技は??


ゲッコウガxy 化身ボルトロス
メタモンメガガルーラ
カバルドンメガゲンガー

配置を笑うものは配置に泣け

ゲッコウガ
・ゲッコウガ@こだわりメガネ
ひかえめ C252 S252 B4
147-*-88-170-91-174
あくのはどう/ねっとう/れいとうビーム/はかいこうせん

C・・・「はかいこうせん」でD121メガガルーラに178~211のダメージ

S・・・メガシンカ前ライボルト抜き



はかいこうせん」でメガガルーラやメガへラクロスが落ちていく様は見ていて爽快です。(どちらもH振りが確実に落ちないのしょっぱすぎ)
HBゲッコウガばっかり使っていたので、謎の火力は使っていて楽しかったです。

ひかえめである弊害は結構ありますが、「はかいこうせん」を採用する場合メガガルーラを落とせないと面白くないのでひかえめで運用しました。

技は大体これでいいはずです。
「ハイドロカノン」はクチート辺りには有効ですがロトムやマリルリに通らないので不採用。

後なぜ「ハイドロポンプ」じゃなくて「ねっとう」なのかというと
①外れるのが怖い
②「ハイドロポンプ」でもメガクチートが乱数1発であること等、打ちたい相手への確定数にあまり変化がなさそうだった
③やけどはみがわりボルトロスとのシナジーが期待できる
この辺が理由です。

後述するガルーラとカバルドンとこのポケモンで、ガルクレセサザンのような動きをしようとしましたが、
種族値が足りないので普通に無理があるのとガルーラの型が普通の打ち合いに向かない構成になったので無しに。

はまれば強い程度のポケモン。
使いこなすのならPTにもう一工夫欲しいところですね。

というかどくびしゲッコウガのほうが構築にあってそうですよね。

選出回数:6/9


xy 化身ボルトロス

・化身ボルトロス@たべのこし
おだやか H252 B4 D180 S68
186-*-91-*-135-140
イカサマ/いばる/でんじは/みがわり

S・・・S138メガガルーラ抜き抜き
   最速メガへラクロス抜き



この構築のエースポケモン。
社mfでは全試合選出しました。
基本的に先発には出さずに有利な相手と対面するように心がけ、「みがわり」から展開していきます。
運も絡むもののその動きが強かったです。

Sに関しては、化身ボルトロスミラーで多くの場合有利だったりゲッコウガの「はかいこうせん」で落ちない振り方をしているメガガルーラをほぼ抜くことができるのでここまで降りました。

「イカサマ」は電気技にしてもいいのですが地面タイプアタッカーや霊獣ボルトロスが多いと踏んだのでこちらにしてみました。
反面マリルリ、スイクン辺りに有効打を持てなくなったので本当に一長一短ですね。

この構成ならクレッフィでもできますが、
化身ボルトロスに強いこと、クレッフィと比べて「みがわり」を警戒されにくいこと、様々なタイプの技を覚える故の圧力があること(伝われ)を評価しこちらを採用しました。

単体性能を上げるなら「でんじは」を「どくどく」にするべきだと個人的には思いますが、
襷メタモンと組ませる以上はS操作が必要なので切れませんねー

選出回数9/9

メタモン

・メタモン@きあいのタスキ
最遅 めざパ氷
H252


特殊アタッカーは大体ボルトロスで相手ができるので、ボルトロスで突破が難しい物理アタッカーをこのポケモンでコピーするイメージ。
カバルドンやナットレイ等コピーしてもうまみがなさそうポケモンが複数いた場合は選出するかどうかよく考えるようにしてました。

オフでは2戦マリルリをコピーしてどちらも「じゃれつく」を外して負けたので
皆さんマリルリには「おんがえし」を採用しましょう。

メタモン入りの記事を見ると、このポケモンが大体高評価されていましたが
試運転ですらそこまで活躍した印象がありませんでした。
下手なんですかね??

選出回数:4/9

メガガルーラ

・ガルーラ@メガストーン
いじっぱりH212 A240 D4 S52
207-192-120-*-121-127
からげんき/ふいうち/グロウパンチ/いわなだれ


とりあえずで入れた感があるのは否めない。
6体が決まった時点で、ヤミラミ入りやゲッコウガへの回答のある受け回しが厳しいと感じたので崩しに特化した型にしました。
そのせいで見込んでいたメガガルーラ+カバルドン+ゲッコウガの選出パワーが弱くなりましたが、
まずその選出をしなければならない相手があまり思いつかなかったのでこれでいいでしょう(投げやり)

実際この型じゃないと勝利できない試合があったのでこれでOK!めでたし!

選出回数:3/9

カバルドン

・カバルドン@ゴツゴツメット
わんぱく H252 B252 D4
215-132-187-*-92-67
じしん/こおりのキバ/どくどく/なまける


B・・・メガバシャーモの「とびひざげり」高乱数2耐え


ゲッコウガと相性の良い物理受け。
しかし相手の物理アタッカーはボルトロス+メタモンで大体対処できるのでほぼ選出しませんでした。

技はボルトロスとの相性を考えて「どくどく」を採用した型に。
これがあると「いばる」+「イカサマ」が効きにくいジャローダ辺りを誘って裏のボルトロスで倒すことが楽になります。
ピクシーやエルフーンの対策が薄かったので「ほえる」はどこかに入れても良かったかもしれません。

見せているだけでスカーフ電気技の抑制、こちらのエースであるボルトロスに弱いポケモンを呼んだりと
それなりの仕事をしてくれるので採用意義はあったと思います。

選出回数:1/9

メガゲンガー

・ゲンガー@メガストーン
おくびょうC252 S252 B4
135-*-101-222-115-200
たたりめ/ヘドロばくだん/さいみんじゅつ/みちづれ


ここまでキノガッサ、ローブシン、ナットレイ、フェアリータイプが重かったので催眠ゲンガーが自然に入ってきました。
ファイアローでも良かったのですが、第一のメガ枠であるメガガルーラがあんな型なため第二のメガ枠として使えるゲンガーのほうがいいだろうということになりました。

ゲンガー+カバルドン+ゲッコウガはぎりぎりできますね(やったとは言っていない)。

催眠術を2/2で当てたのは偉かったのだ・。・v・。・v。・。・v。・v。・。・。・v。・。・v。・。・v。・

選出回数:4/9





基本選出はメガ枠orゲッコウガ+ボルトロス+メタモンもしくは、ゲッコウガ+ボルトロス+メガ枠。
まれにメガ枠+カバルドン+ボルトロスorゲッコウガ
対面構築っぽい相手にはボルトロス+メタモンが刺さった気がします。

しかしラムバシャーモが明らかに重いので、バシャーモと打ち合えて先発に投げやすいポケモン+ボルトメタモンの選出ができるように組むともっといいかもしれません。
耐久に振ったゲッコウガや襷キノガッサ、ローブシン辺りが無難でしょうか。

このような系統の構築はあまり使ったことが無いので新鮮でした。
機会があればもっと研究していきたいですね。

オフスタッフの方々、当日はとても楽しかったです。ありがとうございました。
絡んでくれた方々もありがとうございました。また構ってください。

天鳳のモチベーションががっっっくっっっっと下がったので、これからもブログ更新頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シソー小杉

Author:シソー小杉
ポケモンしてます。
悲しみのついったー http://twitter.com/#!/shisooooo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。