スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こごかぜスイクン(+れいとうビーム)

スイクン
水のジュエルスイクンと言えば、零度スイクン個体に持たせ、ハイドロポンプやしんそくにより高い対面性能、
奇襲性を実現させるような型が最メジャーではないかと思います。

私はそれを使いたいと思っていたのですが、しんそく持ちスイクンを持っておらず使うことができませんでした。

そこで、こごえるかぜを覚えさせることでそれに近い性能を持たせるとともに、
後続へのサポートなどもできるスイクンを考えてみました。

【性格】
おくびょう


【特性】
プレッシャー


【配分】
178(20)-*-136(4)-138(220)-137(12)-150(252)


【技構成】
ハイドロポンプ こごえるかぜ れいとうビーム めいそうとかリフレクターとかめざ炎とか


【持ち物】
水のジュエル


【解説】
まず技ですが、れいとうビームは対カイリューを最も意識した技となっております。
こごえるかぜ→れいとうビームの流れで倒していきます。(こごえるかぜ2発では落ちません)
初手にりゅうのまいを選択したカイリューは、次の攻撃を耐えると踏んでげきりんを選択してくることが多かったので、無償で倒せることもあります。

そして性格ですが、せっかくですからほとんどのカイリューに対面で勝てる「おくびょう」
「ひかえめ」だと、主にローブシンやハッサムに対するジュエルイロポンのダメージが
上昇しますのでここは自由だと思います。(私はおくびょうしか個体がいないので・・・)


耐久の指数は、
物理面がいじっぱりカイリューの1ランク上逆鱗を耐えるくらい。
特殊面はおくびょう化身ボルトロスの10まんボルト耐え。
おくびょうメガネラティオスのりゅうせいぐんは3割で落ちてしまいます。

したがって、ほとんど(重要)の攻撃を1発耐えることが可能と言えます。

一方こちらは、こごえるかぜ→れいとうビームorハイドロポンプで多くのポケモンに致命傷を与えることができます。

耐久は並みのスイクン以下なので信用できませんが、Sに振ったことでキノガッサやマンムー等に高火力を先生攻撃を仕掛けることができます。

後投げがしにくく扱いは難しいほうだと思いますが、先発で出すことでアドバンテージを取ることができそうですね。


こごえるかぜ採用ということで
コルネかいりゅーウルガモス
オノノクスシャンデラマンムー

この辺のSが中途半端なポケモンと組ませるのがよさそうですね。


こんなポケモンもありかなーと思いました。
ちょっと説明足りない部分もありそうですが、今回はこれで締めということで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

シソー小杉

Author:シソー小杉
ポケモンしてます。
悲しみのついったー http://twitter.com/#!/shisooooo

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ついったー
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。